痛みがある真性包茎は包茎手術を受けるべき?

真性包茎とは亀頭と包皮が癒着しており包皮口が狭いため、平常時だけでなく勃起した場合にも亀頭を露出させることができない状態のことです。無理に剥こうとすれば亀頭を一部露出させることが可能な場合もありますが、完全に露出させることはできません。

亀頭と包皮が強く癒着していたり、亀頭の成長が妨げられるためペニスの先端が細くなっていることがあります。真性包茎だと勃起時に痛みを感じて満足な性行為ができないこともあるので注意しなければなりません。勃起時の痛みなどで悩んでいるのであれば、早いうちに専門の病院で包茎手術を受けるとよいでしょう。

真性包茎には様々なデメリットがあります

包茎には真性包茎の他にもカントン包茎や仮性包茎があり、仮性以外は早期に手術を受けるのが望ましいとされています。亀頭の露出具合に注目すると真性は全く露出できない不完全型であり、それ以外は一部だけ露出可能な部分型になります。真性包茎は最も症状が重いもので、完全に包皮で覆われていて包皮口が亀頭よりも小さいため全く露出させることができません。

ペニスを清潔な状態に保つのが難しく、亀頭と包皮が強く癒着しているケースも多く見られます。勃起すると強い痛みを感じることがあり、常に包皮に覆われているので恥垢が溜まって悪臭を発生させます。痛みを感じるだけでなく細菌が繁殖して悪臭を放つなど不衛生なため、パートナーである女性と正常な性行為を行うのは困難です。

健康を維持し正常な性行為が可能になればパートナーの女性を安心させることができるので、なるべく早いうちに専門の病院で手術を受けるとよいでしょう。ペニスが不潔な状態のままだと、包皮炎や亀頭炎を発症することがあるだけでなく陰茎癌の発生率が上昇します。感染症などに罹患している状態で性行為をすると、女性の不妊症や子宮頸癌などの原因となるので注意しなければなりません。

真性包茎だとペニスが不潔になりがちです

真性包茎の男性はペニスが不潔な状態になりがちなので、パートナーの女性に嫌がられるだけでなく友人などからからかわれることがあります。そのままの状態を放置すると自信を失い、慢性的なストレスを抱えながら生活しなければならなくなる可能性があるので注意が必要です。慢性的なストレスによってうつ病などになれば仕事などにも影響があるため、なるべく早めに対処しなければなりません。包茎の状態を改善して亀頭を露出させるだけならば、保険を使って手術ができる病院もあります。

見た目の綺麗さを求めるのであれば自費治療で高度な包茎手術を行っている病院を選ぶとよいでしょう。保険治療では症状を改善させるための最低限の手術が行われますが、自費治療の場合は症状を改善させるだけでなく特殊な技術によって傷跡を分からなくすることができます。使用する糸や医薬品なども最高級のものが使用されており、より高度な手術を受けられるというメリットがあります。

保険を使って包茎手術を受けたものの仕上がりに満足できず、専門的な病院で修正手術を受けるケースも多く見られます。最初から包茎手術を専門的に行う病院で相談すれば、最先端の技術を活かして綺麗に仕上げてもらえます。

真性包茎は手術が必要です

一般的な男性は14歳から15歳頃の思春期になると自然と亀頭が露出するようになりますが、真性包茎だと露出しないだけでなく手で剥くこともできません。手で剥いたり勃起時に露出させることができる軽度の仮性包茎と異なり、真性包茎の場合は包茎手術を受ける必要があります。包茎手術の具体的な方法には亀頭直下法や性感帯温存法などがあり、病院ごとに異なる方法で包茎手術が行われています。最近では包茎手術の技術が向上しているため、手術中に痛みを感じることはほとんどなく短時間で完了します。

一般的な手術ならば30分から1時間ほどで完了するので、包茎で悩んでいるのであればなるべく早めに病院で医師に相談してください。専門的な病院では手術を行う前にデザインを提示し、手術後のペニスの状態について詳細な説明をしてくれるので安心です。医師と相談して十分に納得した上で手術を受けることができます。

多くの男性は15歳までに包皮が剥けるようになり、それ以上の年齢では自然に剥けるようになることはありません。羞恥心や不安を抱えているため手術を受けるのを躊躇してしまうケースが多く見られますが、実際には短時間で手術が完了するので気軽に専門の病院へ行って相談してみるとよいでしょう。

まとめ

真性包茎の男性はペニスの包皮口が狭く、亀頭が包皮と癒着していて露出させることができないため不潔な状態になりがちです。放置すると包皮炎や亀頭炎を発症するなど様々なデメリットが生じる可能性があるので、早めに手術を受ける必要があります。

真性包茎を改善するだけならば保険を使って手術を受けられますが、仕上がりを綺麗にしたいのであれば自費治療を選ぶとよいでしょう。病院では亀頭直下法や性感帯温存法などの方法で手術が行われており、痛みもほとんどなく短時間で亀頭を露出させることができます。真性包茎には様々なデメリットがあるので、なるべく早いうちに専門の病院で医師に相談するとよいでしょう。

PRサイト
真正包茎手術を受けるクリニックをお探しのあなたへ
まずは無料カウンセリングから気軽にご相談ください

メンズサポートクリニック
https://www.climode.org/treat/houkei/shinsei.php